花と緑の業界ニュースを紹介しています。求人、バイト情報も多数あります。

植物広場

花屋>花と緑の業界ニュース>038

イラストウォーク

花と緑の習い事[ケイコとマナブ]

花と緑の業界ニュース

  • 2016/12/24(土)
    100年の森構想
  • 岡山県西粟倉村(にしあわくら)2008年にかかげた100年の森構想が進んでいる。

    西粟倉は面積の95%が森林であり、そのうち人工林が84%というところ。

    後継者不足や既存の流通による木材価格の下落により山の荒廃が進んでいた。

    そこへ「トビムシ」という会社が森林ベンチャー企業を作り飛び込んだ。

    2009年、2010年には「共有の森ファンド」というクラウドファンティングで森林を管理する設備を導入するための資金を500名近い人達から集める。

    一時は存続が危ぶまれることもあったが親会社(アミタ)から独立したあとは、床タイル、床板など数々のヒット商品にて息を吹き返し、現在では日本中から注目されている。

    移住者も徐々に増え、家具製作、木工雑貨、蜂、油、お酒、帽子、宿と数々の起業がなされ、全国のマチオコシ関係者からも視察が相次いでいる。

    http://www.vill.nishiawakura.okayama.jp/wp/百年の森林構想/

花屋|フラワー教室|造園業|グリーンクリエイター|お問い合わせ

Copyright (C) 2017 植物広場 . All Rights Reserved