フラワーデザイナーの日誌を紹介しています。求人、バイト情報も多数あります。

植物広場

花屋>フラワーデザイナーの日誌>105

イラストウォーク

花と緑の習い事[ケイコとマナブ]

フラワーデザイナーの日誌

  • 2003年2月8日「ホテル編」 - どうなるかと思ったけど -
  • 夕方になって明日結婚式を挙げるお嬢さんが来店された。事前にブーケのイメージ写真をお預かりしていた方で、他の用事で来店されたついでにほとんど仕上がっていたブーケも見ていただいた。

    当日はお色直しをしないかわりにウェディングドレスのままでブーケチェンジをされるのだ。

    イメージ写真の通り、赤をメインにしたラウンドのブーケでお見せすると喜んでいただいた。でもお話しているうちにリボンが問題になった。

    お預かりしていた写真にはブーケをこげ茶色のリボンでふんわりと囲ってある。でもリボンまで写真の通りにというご希望を聞いてなくて用意が出来ていなかったのだ。

    そこで急遽リボンを買いにいくことになった。素材は無地のオーガンジーで幅が6mmのこげ茶色。長さも10mは必要だ。時間も夜7時ごろで早くしないとデパートもしまってしまうので急いで行ってきた。

    リボンくらいあるだろうと思っていったところなかなか理想的なものが見つからない。手芸のコーナーに行ってもオーガンジーを全く扱っていなかったり、あっても柄が入っていたりして使えそうにないのだ。

    3件目のデパートで手芸コーナーに行くとやっぱりオーガンジーは扱っていなかった。ここで最後だと思って行ったのにどうしようかな・・・と思っていたら店員さんがラッピングコーナーを教えてくれた。

    もしかしたらあるかも・・と思って行ってみると条件にぴったりのリボンがあったのだ♪

    それも手芸コーナーより種類が豊富で他の色のオーガンジーもある。リボンを探す時は手芸コーナーとラッピングコーナーの両方を探すこと。いい勉強になった。

花屋|フラワー教室|造園業|グリーンクリエイター|お問い合わせ

Copyright (C) 2017 植物広場 . All Rights Reserved