フラワーデザイナーの日誌を紹介しています。求人、バイト情報も多数あります。

植物広場

花屋>フラワーデザイナーの日誌>095

イラストウォーク

花と緑の習い事[ケイコとマナブ]

フラワーデザイナーの日誌

  • 2002年11月24日「ホテル編」 - 金銭感覚 -
  • 婚礼が落ち着いた夜になってからショップのディスプレイを変えて、新しいクリスマス商品もたくさん入れることになった。全体的なディスプレイの変更はだいたい週に2回はしているだろうか。

    小さな入れ替えは毎朝開店前や商品が売れるたびにしているので毎日少しずつ変えている。

    先輩方のディスプレイを見ているといつも勉強になることが多い。頻繁に足を運んでくださるお客様も多いので、常にショップの中に変化をつけて売れるためのディスプレイにするのだ。

    そのせいか閉店してドアを閉めてから売れることがよくある。ドアはガラスで中がのぞけるので、閉店後に新しい商品のディスプレイをしている時にドアをノックされるのだ。

    ディスプレイが終わってなくていろんな商品があちこちに置かれたままでも、その華やかさにひかれて来店されるのだろう。

    最近になってだいぶ慣れてきたけど、一度にかなり高額な買い物をされる方もたくさんいらっしゃる。この前接客した女性の方は3分ほどで12万以上お買い上げいただいた。一目見て気に入れば値段は気にせず即決である。

    ショップに来たばかりのころは「こんな高額なのに迷いもせず本当にいいのかしら・・?」と、ドキドキしながらカードをきったもんだったけど今ではそれが懐かしい。

    そういうお客様がよく来店されるので金銭感覚が少しずつ麻痺してきたような気がする。それでも高額になればなるほど、計算を間違っていないかと心配になってしまう。ていうことはやっぱりまだ慣れていないか。

花屋|フラワー教室|造園業|グリーンクリエイター|お問い合わせ

Copyright (C) 2017 植物広場 . All Rights Reserved