フラワーデザイナーの日誌を紹介しています。求人、バイト情報も多数あります。

植物広場

花屋>フラワーデザイナーの日誌>085

イラストウォーク

花と緑の習い事[ケイコとマナブ]

フラワーデザイナーの日誌

  • 2002年9月17日「ホテル編」 - 大臣御一行 -
  • 今日は昼過ぎまでは割と平和に過ぎていったので久しぶりに閉店と同時に帰れるかも♪と思っていたら夕方から急にバタバタし始めた。原因は大阪で開催されているOPECの総会。

    ある国のエネルギー担当大臣とその御一行が宿泊されているので、お部屋や食事をされるレストランに急ぎの注文が何件も重なったのだ。

    レストランのテーブルに置くお花をセッティングしたらマネージャーからのチェックが入る。VIPなのでレストラン側もかなり気を使っているのだ。

    チェックは1回でOKが出たので安心してショップに戻ると、今度は1時間以内に大臣御一行のお部屋にアレンジを5つ作って欲しいという商社からの注文が入った。

    この時点でショップにいたのは私を入れて二人で先輩はお客様との打ち合わせで手が離せない。

    小さいアレンジなら一人でも間に合うけど今回は金額が高くてひとつひとつ大きいものを作らないといけないので、バンケットのスタッフに応援を頼みなんとか1時間で搬入も完了♪

    でもその間に宴会場から呼び出しの電話がかかってきたり、また別のお部屋入れの花を搬入したりでバタバタして今度はショップに戻れなくなった。

    やっと宴会場の仕事から解放されてショップの仕事に戻り、閉店作業を終えて作業場に戻ると今日中に仕上げないといけないアレンジや定期の花が残っていた。

    バンケットの仕事はまだ終わりそうになかったので久しぶりに館内に置く定期のお花を手伝う。作りながらこの前ショップにいらっしゃったお客様のことを思い出した。

    20代後半くらいの女性でお買い上げいただいた花器をラッピングしながら館内に置いているお花の話になり、「ここに来るたびに違うお花が飾られているのでいつも楽しみにしているんですよ」と言われた。

    こんな小さな花でも楽しみにしてくれる人がいるんだ・・いつも誰かに楽しみにされているなんて素敵な仕事だなと思ってすごく嬉しくなった。疲れが吹き飛ぶ一言だ。

花屋|フラワー教室|造園業|グリーンクリエイター|お問い合わせ

Copyright (C) 2017 植物広場 . All Rights Reserved