フラワーデザイナーの日誌を紹介しています。求人、バイト情報も多数あります。

植物広場

花屋>フラワーデザイナーの日誌>003

イラストウォーク

フラワーデザイナーの日誌

  • 2001年3月16日「花屋さんで働きたい編」 - 003 -
  • 学校の実習で大阪の鶴見緑地にある花市場の見学に行ってきた。通常は関係者以外は入れないようなのですごく楽しみにしていたレッスンのひとつだ。

    着いてすぐに見学したのはお花のセリ室だった。セリと言えばおじさんが高いところに立って大きな声で何か(?)叫んでいて、買うほうも声を出して指で合図するとか・・・というイメージだったけど全く違っていた。

    とってもハイテク!大きなセリ表示板というのがあってそこにセリにかけられる花の種類、セリ値、数量、産地が全て表示されて、買うほうは座席にある手元の端末を操作するだけでセリ落とす仕組みになっていた。

    ひとつの商品がセリ落とされるまで数秒しかかからない。ぼんやりしてる私には絶対できない仕事だ(自信あり)!次々にセリ落とされた商品はバーコードで自動的に仕分けされて購入した人のところに運ばれる。

    ぜんぜん人の手がかかってなくて効率的だ。セリ室の中には700近い席があってほとんど席が埋まっているようだった。長時間のセリのためかたくさんある席の中を女の子がアイスクリームやジュース、軽食なんかを売り歩いている。なんか野球場みたいだ。

    今までお花がどうやって自分の手元に届くのか想像したことがなかったので、その過程の一部を少しでも見学できたのはとても勉強になった。

花屋|フラワー教室|造園業|グリーンクリエイター|お問い合わせ

Copyright (C) 2017 植物広場 . All Rights Reserved